開く
2021.03.24

当院では新型コロナウィルスに対して迅速かつ適切に対応する為、

昨年新型コロナウィルス感染症対策チームを立ち上げました。

外来、病棟、職員共有場所における様々な対策に取り組んでおります。

 

当院スタッフは昨年春より、ゴミ袋や安価な農業養生シートを使用し、防護用ガウンを1000枚近く作成。

(全職員が最低でも1人1枚ガウンを作成)

作成したガウンで、職員全員がPPE着脱トレーニングを実施し、多くのスタッフが通常業務に加え、積極的に感染対策に取り組んできました。

入手困難な時期にはハンガーラックをパーテーション代わりに利用するなど、薬局受付カウンター用対面パーテーションをアイディアと、

ものづくりが得意な職員(通称:幌東病院制作部)が中心となって作成しました。

多くの職員が何らかの形でコロナウィルス感染対策に携わり、日常的に関わることで危機意識の向上と維持に繋がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面玄関横に人員を配置。熱のある患者様は玄関口からゾーニング。一般患者様はまずは総合受付に行きますが、熱のある患者様は右横のパーテーションのエリアに案内されます。

 

外来看護師が日々の診療の中での経験から改善し、現在のゾーニングになりました。

患者様が待ち時間に圧迫感を感じず、又人目も気にしなくて済むようなスペースになっています。

 

自家用車で来院された患者様にはドライブスルー方式での診療を実施。

その他、当院では院外に専用のプレハブを設置する代わりに大型車で待ち合いスペースを用意しました。

車内には個室のように仕切られるビニールカーテンが完備されています。

 

こちらは薬局の受付カウンターです。

左横に見えるのは制作部が作成したパーテーションです。

 

ここからは入院病棟のゾーニングされたお部屋です。

こちらの担当は各病棟看護師で結成された病棟ゾーニングチームです。年末年始もいとわず取り組んでいました。

次々と更新される新しい情報を加え、改善していきました。

現在はあらゆる発生状況に動じず迅速に対応できるマニュアルを作成し、感染を拡大させない様々な工夫が施されています。

当院の病室は廊下側の壁に透明のガラスがあり、廊下側からアイコンタクトがとれます。

 

こちらは4人部屋。

病室入り口に手作りのビニールカーテンと段ボールのキャビネットがあります。

薬品の梱包に使われている段ボールはとても丈夫で重宝してます。

 

 

このように当院では病棟での感染発生時を想定した病室が確保され、感染拡大を未然に防ぐ準備をしています。

 

こちらは4階ホール。

 

当院は診療エリアと職員専用エリアを明確にゾーニングし、認証システムにより関係者以外の方は職員専用エリアに入れない構造になっております。

院内は外気を十分に取り込む機能を持った換気装置が24時間作動しています。

この写真は看護部が主催した感染対策に関するWEBセミナー視聴会の模様です。

人数を制限し、前後左右十分な距離をとり、短時間で行われました。

 

こちらの写真は会議室で、パーテーションを設置しています。

少人数での会議のみこちらを使用、人数が多くなる時は先程紹介したセミナーが行われた広いホールを使用しています。

新型コロナウィルスに関する様々な会議も行われています。

 

こちらは職員食堂です。

アクリル板は高価なので100円ショップで販売されている品を組み合わせてパーテーション作りました。

 

こちらはお店によく置かれているポップ用のスタンドを利用した感染防止対策です。

 

また、当院では残念ながらコロナ陽性患者様が最期を迎えられた時の対応についても取り組んでいます。

コロナ感染症で亡くなられ、御家族が面会もできず遺骨になるまで会えなかったというニュースは多くの方が目にされたと思います。

このように通常の看取りや葬儀とは異なる方法で進むため、御家族も私達も気持ちの折り合いをつけることが難しい状況です。

当院では「おくりびとチーム」を立ち上げ、その方の最期を慌てず静かに適切に見送れるよう日頃から話し合いと練習を重ねています。

少しでも御家族の思いを汲むことができるよう医療者が思考を停止しないことを心がけています。

2020.11.04

Trick or treat(トリック オア トリート!!)

みなさま、ハロウィンはどのように過ごしましたか?

日に日に寒くなり、道内では雪の便りも聞こえてきました。

今年はコロナウィルス流行の為、病棟のレクリエーションもなかなかできません。

「少しでも明るい気持ちになれるように」と介護スタッフさん達が
今年もハロウィンの飾りをしてくれました。

コウモリがいる紫のところはプロジェクションマッピング風に
立体的に見えるように工夫されています。

窓に反射して影のようにも見えますよね。

 

 

ハロウィンは、古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたサウィン祭が起源といわれています。
古代ケルトでは、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに
戻ってくると信じられていました。

 

 

日本のお盆のようなもの、、、とよく言われますが、少し違うところが。

それは悪霊も一緒にやって来て、作物に悪い影響を与えたり、子どもをさらったり、

現世の人間たちに悪いことをするといわれていました。

そこで人々は悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの焚き火を行ったといわれます。

「ジャック・オー・ランタン」は、日本でいう鬼火のような存在で飾ると魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるそうですよ!?

「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)と言われたら、
大人たちは、笑顔で「ハッピーハロウィン!」と答えて、お菓子を渡してあげましょう!

 

2020.05.15

また今年も、当院に隣接する本郷通商店街の桜が満開に咲きました。

毎年変わることなく満開に咲く桜は季節感や癒しを与えてくれます。

廊下フロアでは桜の淡いピンク色がさしこみ、とてもきれいです。

 

コロナのことがあり、患者さんやご家族の方々に見ていただけないのがとても残念です。

そこで理事長がタブレットで桜の動画を撮影し、病棟内の桜を見ることが難しい入院患者さんに見ていただき、本当に喜んでいただけました。

 

やはりこの時期にしか見られない桜は季節感や癒しを与えてくれますね。



 

2020.04.03

北海道にもようやく春が訪れました。

当院の周辺には桜の木が多く、満開時には多くの人を楽しませてくれていますが桜が咲くのはもう少し先になります。

さて、2A病棟ではこの季節にぴったりの可愛らしいデコレーションが施されています。

コロナウィルスの影響があり、院内でもご家族も交えての盛大なイベント・レクリエーションの開催は控えていますが、

師長さんのデスク前には「イースターの卵」!生命のシンボルの卵がモチーフです。

病棟スタッフが患者さんに少しでも楽しい気持ちになれるようにと時間をかけて手作りしています。

 

この春から、院内のいろんな箇所の紹介をさせていただこうと考えています。

↑こちらの写真は1階フロアの天窓の「猫の眼」です。
外来待合室から少し奥に歩いた所にあります。

こちらは設計上?最終的に偶然このような形になったとのこと。

天気の良い日は自然光が射し込みます。

↑こちらの写真は廊下の手すりです。

当院の手すりは、どなたでもつかまりやすく、歩きやすい高さを考えられて設計されており、パッと見では気がつきませんが、

滑り防止とつかみやすさを考慮して軟らかい皮調のシートで包まれています。
触るとすぐわかりますので改めて感触を確かめてみてくださいね。

当院では至る所に細やかな工夫を取り入れていますので少しずつ紹介させていただきます。

 

 

 

2019.12.27

〜特別な日には素敵な食事を〜

この日はクリスマスイブ。

この日はいつもと違ったお昼ご飯になります。

温まるコーンスープ〜鶏肉のクリスマスソテー〜クリスマスカラーのピラフ〜サラダ、

デザートにはババロアクリーム添え。

特別な日には心を込めたごちそうを味わっていただき、

季節感やイベント感を少しでも感じていただけるよう努めています。

2019.12.18

毎年恒例のクリスマス会が病棟デイルームで行われました。

 

参加されたのは、歩くことが困難な患者さんは車椅子で、起き上がることが困難な患者さんはベッドのままで、ご家族の皆さん、通院の患者さんなど今年もたくさんの方々に観覧いただきました。

この日の出し物は、歌・ダンス・演奏・曲芸などそれぞれ趣向を凝らしたものばかり!

たくさんの拍手や笑顔が会場にあふれ、患者さん、ご家族、そして私たち職員も、

心が温まるとても楽しい素敵なクリスマス会となりました。

患者さんとご家族に喜んでほしいという一心で、半年前から少しずつコツコツと準備して来たスタッフの思いがこの日、観覧いただいた皆さんに届けられたかと思います。

 

来年のクリスマス会はお近くにお住まいの方々にもご案内して観覧していただきたいと思います。

2019.11.28

雪も降り、いよいよ本格的な冬の到来ですね。

今年も当院ではクリスマス会を開催予定で、各セクションのスタッフは仕事の合間に準備しています。

3A病棟デイルームはすでにクリスマスバージョン!!

シンプルな配色のなかに、制作者達の技術・センスを駆使しながら

ひとつひとつ想いを込めた装飾はまさに芸術的!

院内でホワイトクリスマスが堪能できます。

 

一つ一つの材料や作業工程を制作者達に聞くと、

普段何気なく使っているものを使用しているとのことで

こんなに素敵に変身するとは…ただただ驚きます。

 

当院ではこのように患者様・御家族様に少しでもほっこりしてもらえるような、

心のこもったケアを考えるスタッフがたくさんいます。

皆さん、飾りだけでも見に来てくださいね。

 

こちらはとある日のお昼ごはんです。

お赤飯の豆、見た目は小さいですが北海道風に甘納豆でした。

 

今後も行事食など食事についても載せていく予定です。

2019.10.24

患者さんのレクリエーションが行われました。

今回は病棟対抗ビニールソフトバレーボールです。

会場は病棟スタッフが制作したハロウィンの装飾が施される中、

手はもちろん、頭や足も出て、「東洋の魔女」顔負けの熱い戦いが繰り広げられました。

 

患者さんから「おもしろい!」「楽しい!」という声があがり、観戦するご家族も楽しそうな歓声をあげ、
会場に笑顔が広がり大いに盛り上がりました。

 

中庭の木の葉が黄色く色づき、もうすっかり秋ですね。

 

この時期、入院患者さんも職員もインフルエンザワクチンの接種が始まりました。

職員一同、引き続き感染予防に努めてまいります!!

2019.09.19

退院が決まった患者さんとご家族のもとに、医師・看護師・訪問リハビリ・ケアマネージャー・訪問看護師・在宅酸素の担当者・在宅ヘルパーなどの退院前後に関わる地域の多職種が集まり、退院後の生活について話し合いをしています。

「患者さんが自分らしく生きられるようにすること」が何より大切です。

そのため、患者さんとご家族にとって、「なるべく負担が少なく」「安全に生活が送れるように」「退院後どのような支援が必要なのか」をみんなで考えます。 

 

 

 

2019.09.05

当院は2017年に「新建築」という雑誌に記事が掲載されたことがきっかけで、

医療関係や建築関係、各メディアなど様々な方々が見学に来ていただいております。

 

8月30日に「衣」「モノ」「住」を3つの柱に、アパレル、ファッション、

プロダクト、インテリア、建物から街づくりまで、生活環境に関する幅広いテーマを学ぶ

実践女子大学 生活環境学科 建築デザイン研究室の皆様が見学に来られました。

https://www.jissen.ac.jp

この日も北海道の建築を見るゼミのツアー最終日でしたが、院内を熱心にみて回られ、

医療者とは違う視点からの質問も多く、私達も大変勉強させていただきました。

実践女子大の皆さん、お疲れ様でした!!

Copyright © KOTO HOSPITAL AllRight Reserved.